最近の記事

2018年12月20日

第37回全国大会の研究発表募集のお知らせ

第37回全国大会の研究発表を下記の要領で募集いたします。研究発表は24日に行われます。多くの方々の応募をお待ちしております。

日時:2019年5月24日(金)、25日(土)
場所:県立広島大学サテライトキャンパスひろしま

≪発表応募規定≫
1. 発表者は会員であること。
2. 発表内容は未発表のものに限り、発表時間は1人25分以内(質疑応答を含まない)とします。
3. 応募書類
@発表要旨:横書きで日本語800字程度、もしくは英語400words程度にまとめたもの。
A略歴:氏名(ふりがな)、勤務先、職名(学生の場合は所属先、身分)、連絡先(住所、電話番号)を明記したもの。
上記2点を大会準備委員会までEメールに添付してお送りください。
応募先(問い合わせも):中村善雄(ノートルダム清心女子大学)
E-mail: nakamura[at]post.ndsu.ac.jp
4. 応募締切:2019年2月末日(必着)選考結果は3月中に応募者にお知らせします。
5. 応募書類は返却いたしませんが、個人情報の扱いには十分留意いたします。
6. 大会の開催地区以外に居住している大学院生会員が研究発表をする場合、交通費の一部を協会が助成いたします。今大会では、中四国以外の地域に居住している大学院生が対象となります。助成希望の方は事務局までご連絡ください。
posted by nhs-j at 12:24| Comment(0) | 本部事務局

2017年05月08日

ワークショップからのお知らせ


ワークショップで議論する前に、登壇者の論考を皆さまにお読みいただき、事前に質問事項をお寄せいただく、リンクを作成していただきました。

 

ホーソーン協会ホームページを開き、「全国大会」をクリックしてください。ワークショップところに「こちらのサイトをご覧ください」というリンク貼っていただいておりますので、下線の引いてある「こちら」をクリックしてください。専用ページが開きます

 

なお、管理上の問題から、コメントの投稿および閲覧にあたって会員限定となっております。user名とPWは大会プログラムとともにお送りしておりますが、不明のようでしたら事務局までお問い合わせください。


(文責 上原正博)


posted by nhs-j at 07:54| Comment(0) | 本部事務局

2017年04月06日

第36回全国大会プログラムのご案内


  日本ナサニエル・ホーソーン協会
     第36回 全国大会

日時:2017年5月19日(金)、20日(土)
会場:CSA貸会議室レイアップ御幸町ビル5階5-C会議室
   〒420-0857静岡市葵区御幸町11-8 レイアップ御幸町ビル
   TEL 054-269-5070
   http://rental.csa-re.co.jp/b001.html

【第1日】
総合司会 進藤鈴子(名古屋経済大学)

開会のことば●13:30
会長 成田 雅彦(専修大学)

研究発表●13:40
司会 竹野富美子(名古屋学院大学)
1.小南 悠(関西学院大学・院)
  Roderick Ellistonの視線と「許されざる罪」
  −−免罪符としての “Egotism; or, the Bosom Serpent”−−
2.橋 愛(徳山工業高等専門学校)
 「どこか女性的なところ」
  −−The Blithedale Romanceにおけるジェンダー・プロテスト

ワークショップ●15:10
「痣」を読む
司会・講師 上原 正博(専修大学)
講師 妹尾 智美(立命館大学)
講師 田島 優子(宮城学院女子大学)
講師 大川 淳(京都ノートルダム女子大学)

総会●17:00

特別講演●17:30
講師 小泉 凡(島根県立大学、小泉八雲記念館館長、
   焼津小泉八雲記念館名誉館長)
演題 ハーン文学とコミュニティ・ツーリズム、地域教育
――松江と焼津での取り組みから――
司会 西谷 拓哉(神戸大学)


【第2日】
総合司会 進藤鈴子(名古屋経済大学)

シンポジウム●9:30
陰画としての知のコミュニティ──ホーソーンの周辺事情

講師 白川 恵子(同志社大学)
  マンハッタンの「魔女狩り」──セイラムからニューヨークへ
司会・講師 尾 直知(中央大学)
  会話というコミュニティ
 ──《愛》の実現の場としてのマーガレット・フラーの《会話》
講師 本岡 亜沙子(広島経済大学)
  ルイーザ・メイ・オルコットのスクラップブック
講師 貞廣 真紀(明治学院大学)
  世紀末イギリスの社会主義とナサニエル・ホーソーン

閉会のことば●12:00
副会長 橋 利明(日本大学)


大会準備委員

posted by nhs-j at 12:23| Comment(0) | 本部事務局