最近の記事

2017年10月13日

東京支部11月例会のご案内

会員各位

 日本ナサニエル・ホーソーン協会東京支部11月例会の詳細が下記のとおり決まりましたのでご連絡いたします。開催日が11月第2土曜日に変更となりましたのでご留意ください。皆様のご参加をお待ちしております。

【11月例会】
日 時:平成29年11月11日(土)15時より
場 所:専修大学神田校舎1号館72教室

<研究発表>
発表者:藤村 希 氏(亜細亜大学)
題 目:「“Septimius Felton”, “Septimius Norton”とホーソーン晩年再考」
司 会:橋 利明 氏(日本大学)

<作品研究>
発表者:佐野 陽子 氏(上智大学・非)
作 品:Nathaniel Hawthorne, “Drowne's Wooden Image”


➣ 当日は,懇親会を例会後に予定しております。当日ご案内いたします。
➣ 例会時の飲み物等は各自でお持ちください。
➣ 登録情報の変更等ございましたら事務局までご連絡ください。
   (jimukyoku.hawthorne[at]gmail.com)
➣ 今後の例会は,12月16日(読書会)を予定しております。
  12月読書会では,The Nathaniel Hawthorne Review, vol.43, No.1 Spring 2017を取り上げます。
➣ 例会での発表を希望される方は東京支部幹事内堀までご連絡ください。
 (uchibori.naoko[at]nihon-u.ac.jp)
posted by nhs-j at 05:46| Comment(0) | 本部事務局

2017年09月12日

九州支部研究会(9月30日)開催のお知らせ

日本ナサニエル・ホーソーン協会 第67回九州支部研究会

日時:2017年9月30日(土)15時〜
会場:福岡大学 文系センター棟9階 学部共通室B

【研究発表1】(発表30分、質疑応答30分)

発表者:川下 剛 氏(広島修道大学)
題 目:「ヒギンボタム氏の災難」における語り手の語りーー「ストーリー・テラー」を巡るホーソーンの修辞学
司 会:青井 格 氏(近畿大学)

【研究発表2】(発表30分、質疑応答30分)
発表者:村橋 素行 氏(西南女学院大学)
題 目:『緋文字』に埋め込まれたホーソーンの立脚点ーー登場人物の命名法から探る作家の意図
司 会:乘口 眞一郎 氏(北九州市立大学名誉教授)

連絡先:青井 格 氏(九州支部会長)iaoi@fuk.kindai.ac.jp




posted by nhs-j at 17:19| Comment(0) | 本部事務局

2017年09月07日

中部支部研?究会のお知らせ

以下のように研究会を開催いたします。
万障繰り合わせの上ご出席くださいますようお願いいたします。

日時:2017年10月1日(日曜日)午後2時から

場所:東海学園大学栄サテライト 中日ビル9階
(地下鉄東山線「栄」駅下車、13番出口)

「南側エレベーター」(郵便局側)をご利用下さい。地下からビルに入られたらそのままビルのレストラン街を通り抜けると南側のエレベータに行きます。
正面入り口の1階のエレベーターでは東海学園大学栄サテライトに行きません。

 研究発表

 発表者:進藤 鈴子氏(名古屋経済大学)
 題:「アメリカ初期黒人小説とイギリス社会運動」
 司会:大場 厚志氏(東海学園大学)


お問い合わせ先:倉橋 洋子 (kurahash[at]tokaigakuen-u.ac.jp)

posted by nhs-j at 09:22| Comment(0) | 本部事務局