最近の記事

2016年11月29日

第65回九州支部研究会

会員各位

九州支部12月例会に関しまして、皆様にご案内申し上げます。

日本ナサニエル・ホーソーン協会
第65回九州支部研究会

日時:2016年12月10日(土)15時〜
会場:福岡大学文系センター棟9階 学部共通室B
【特別講演】
    講師:成田雅彦氏(専修大学)
   題目:緋文字の刺繍をほどく――ニューイングランド思想史管見
   司会:乘口眞一郎氏(北九州市立大学名誉教授)
【懇親会】18時〜20時
   会場:博多表邸(http://hakata.hyo-tei.jp
  御食事代:5,000円

支部会長:青井格(近畿大学)
posted by nhs-j at 13:27| Comment(0) | 本部事務局

2016年11月28日

関西支部研究会12月例会案内


ホーソーン協会関西支部会員のみなさま

 

日本ナサニエル・ホーソーン協会関西支部研究会12月例会を以下の通り開催いたします。研究会の後、忘年会を持ちたいと思います。参加ご希望の方は、12月19日(月)までに西谷 takuyan[at]kobe-u.ac.jp までお知らせ下さい(支部研究会からのメールに返信されましても私には直接届きませんので、上記アドレスまでお願いいたします)。

 

日 時: 平成28年12月24日(土)午後1時30分開会

            (午後1時より入室可、終了午後5時15分予定)

場 所: 関西学院大学大阪梅田キャンパス1406室      

阪急梅田駅茶屋町口から北へ約5分、アプローズタワー14階

http://www.kwansei.ac.jp/kg_hub/access/index.html

(ホテル阪急インターナショナルが入っている建物)

*ただし、入口はホテルのエレベーターとは別ですのでご注意ください。

 飲み物は各自でご持参ください。

 

13:30-14:30 研究発表

 入子文子(元関西大学教授)

「ある仮説――ディムズデイルの隠されたモデル」

   司会:西谷拓哉(神戸大学)

 

14:45-17:15 読書会: “The Intelligence Office” を読む

 話題提供:妹尾智美(立命館大学)“The Intelligence Office” について

       西谷拓哉(神戸大学)Melville, The Confidence-Man, Ch.22 について

“The Intelligence Office” は The Centenary Edition,The Confidence-Man は Norton Critical Edition, 2nd ed. をテキストとします。

 

関西支部研究会世話人 西谷拓哉 (takuyan[at]kobe-u.ac.jp)

posted by nhs-j at 10:26| Comment(0) | 本部事務局

2016年11月02日

東京支部12月読書会のご案内

会員各位
 初冬の候、会員の皆様には益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
 さて、予告しておりました東京支部研究会の12月読書会の詳細が下記のとおり決定しましたのでご案内申し上げます。また、すでにご案内させていただいております11月例会(11月26日 丹羽先生ご講演と尾先生のご発表)につきましてもぜひご参加ください。

【 12月例会(読書会)】
日   時:  平成28年12月17日(土)15時より
場   所:  専修大学神田校舎1号館8階8B会議室
テクスト:   Argersinger, Jana L., and Phyllis Cole, eds.
                     Toward a Female Genealogy of Transcendentalism
                     (U of Georgia P, 2014)
 
■Introduction 尾 直知 氏(中央大)
 
■Section 1
Noelle A Baker, “Let me do nothing smale”: Mary Moody Emerson and Women’s “Talking” Manuscripts. 内堀 奈保子氏(日本大)
 
Phyllis Cole, Elizabeth Peabody in the Nineteenth Century: Autobiographical Perspectives.
内堀 奈保子氏
 
■Section 2
Sterling F. Delano, “We have abolished domestic servitude”: Women and Work at Brook Farm.
佐野 陽子氏(上智大・非)
 
Jeffrey Steele, Sentimental Transcendentalism and Political Affect: Child and Fuller in New York.
佐野 陽子氏
 
■Section 3
Daniel S. Malachunk, Green Exaltadas: Margaret Fuller, Transcendentalist Conservationism, and Antebellum Women’s Nature Writing.
一瀬 厚一 氏(日本大・院)
 
Dorri Beam “Transcendental Erotics, Same-Sex Desire, and Ethel’s Love-Life.”
岡田 大樹 氏(専修大・院)
 
■Section 4
Susan M. Stone, “A Woman’s Place”: The Transcendental Realism of Mary Wilkins Freeman.
尾 直知 氏
 
       ☆例会終了後は懇親会(忘年会)を開催いたします☆
               場  所: 「蓮」(神保町駅A4出口より徒歩1分)
                             (東京都千代田区神田神保町2-12-3 安富ビル 1F)
                  会  費: 5,000円
                  時  間:18時半より
      
        支部会員の皆様には出欠ハガキを後日お送りいたします。
        12月10日(土)までにハガキにてご返信下さい。
      (直前のキャンセルは実費をご負担いただく場合がございます。)

ご不明な点や読書会テクストに関するお問い合わせなどございましたら、幹事までお問い合わせください。
 
日本ナサニエル・ホーソーン協会
東京支部幹事 内堀
uchibori.naoko[ at ]nihon-u.ac.jp
日本ナサニエル・ホーソーン協会事務局
事務局長 川村幸夫
jimukyoku.hawthorne[ at ]gmail.com
posted by nhs-j at 12:29| Comment(0) | 本部事務局