最近の記事

2015年12月28日

第35回 全国大会のお知らせ


35回大会のお知らせ




日時:2016年5月27日(金)、28日(土)
場所:同志社大学 寒梅館 地下1階A会議室(室町キャンパス)

《第35回大会概要》
 2016年度の全国大会は京都での開催となります。今回は、「海洋国家アメリカと文学」が特別講演とシンポジウムに通底するテーマになっています。特別講演は巽孝之先生にご登壇をお願いいたしました。捕鯨都市セイラムを取り上げて、ホーソーンを中心に、ポーやメルヴィルの作品もからめてお話しいただけるとのことです。シンポジウムでは、アンテベラム期の海軍と文学がどのような関係にあったかについて、中西佳世子先生、林以知郎先生、齊藤昇先生、真田満先生に、それぞれホーソーン、クーパー、アーヴィング、メルヴィルの作品や伝記的事実を題材に論じていただきます。ワークショップは、倉橋洋子先生、竹野富美子先生、加藤惠梨香先生に「イーサン・ブランド」の魅力についてそれぞれ独自の切り口から語っていただきます。

【第1日】
・開会のことば
・研究発表(発表を希望される方は、下記の応募規定に従いまして、奮ってご応募ください)
・ワークショップ
   「イーサン・ブランド」を読む
司会・講師:倉橋 洋子 氏(東海学園大学)
        講師:竹野 富美子 氏(名古屋学院大学)
        講師:加藤 惠梨香 氏(立教大学・院)

<概要>
 「イーサン・ブランド」(1850)では「許されざる罪」を捜しに出かけたイーサン・ブランドが、結局自分の中に「許されざる罪」があることに気づき、石灰窯に身を投じる。様々な解釈がある中で「イーサン・ブランド」のテーマを孤独から「知」と「情」の分離と捉えることが根強い。本ワークショップでは、従来の「イーサン・ブランド」の解釈を踏まえつつ三人三様の異なる読みを試みる。例えば、ダンテの「地獄篇」を想起させる「イーサン・ブランド」の円環構造に注目し、ブランドの帰郷や笑い、死の意味等について考える。また「反響」という言葉やバートラムとブランドの心に往来する罪、アルコールのやりとりに注目し、イーサン・ブランドとコミュニティについて考える。さらに、「イーサン・ブランド」の火とアルコールのモチーフ、およびイーサン・ブランドの象徴的火葬に着目し、アメリカ先住民表象について考える。

・特別講演
           講演者:巽  孝之 氏(慶應義塾大学)
           演 題:捕鯨都市セイラム――ピューリタン文学の起源
・総会
・懇親会:同志社大学 寒梅館7階フレンチレストラン・ウィル


【第2日】
・シンポジウム
       海洋国家アメリカの文学的想像力―海軍のディスクールとアンテベラムの作家達
司会・講師:中西 佳世子 氏(京都産業大学)
講師:林 以知郎 氏(同志社大学)
講師:齊藤 昇 氏(立正大学)
講師:真田 満 氏(龍谷大学・非)

<概要>
 アメリカは1794年に海軍を創設した。ジェファソンの時代に5つの海軍工廠を建設したアメリカは海洋国家としての道を本格的に歩み始める。そして蒸気船を導入し、日本開国に成功したアメリカであるが、この時期の作家達には海軍体験を持つものや身近に海軍との接点を持つものが少なくない。クーパーやメルヴィルは実際に海軍に従事したし、海軍エリートや政治家や文人が交流する場でもあった海軍工廠にはクーパー、アーヴィングやホーソーンも出入りした。これらの体験が作家達の創作活動に影響を与える一方、海洋フィクションに感化される海兵や自ら遠征記を書く海軍士官を生みだすなど、いわば洋上の読者共同体を形成していくこととなった。海軍には、エキゾチックな体験やロマンティックな冒険への憧れとナショナリズムが織りなす海軍のディスクールがあったのだ。シンポジウムでは、海洋国家として発展する19世紀アメリカにおける海軍のディスクールと作家達の文学的想像力の接点を考察し、アンテベラムの文学を新たな視点から読み解く試みを行いたい。

・閉会のことば

≪発表応募規定≫
1. 発表者は会員であること。
2. 発表内容は未発表のものに限り、発表時間は1人25分以内(質疑応答を含む)とします。
3. 応募書類
@発表要旨:横書きで日本語800字程度、もしくは英語400words程度にまとめたもの。
A略歴:氏名(ふりがな)、勤務先、職名(学生の場合は所属先、身分)、連絡先(住所、電話番号)を明記したもの。
上記2点を大会準備委員会までEメールに添付してお送りください。

応募先(問い合わせも):辻祥子(松山大学)E-mail: tsuji@cc.matsuyama-u.ac.jp

4. 応募締切:2016年2月末日(必着) 選考結果は3月中に応募者にお知らせします。
5. 応募書類は返却いたしませんが、個人情報の扱いには十分留意いたします。
6. 大会の開催地区以外に居住している大学院生会員が研究発表(ワークショップ、シンポジウムを含む)をする場合、交通費の一部を協会が助成いたします。今大会では、関西以外の地域に居住している大学院生が対象となります。助成希望の方は事務局までご連絡ください。

≪大会準備委員会より≫
シンポジウムとワークショップのテーマや人選につきましては、2015 年の総会で各支部から発案していただくことが決まりました。今回、シンポジウムは関西支部から、ワークショップは名古屋支部から案を出していただき、発表者はなるべく同じ支部に偏らないように選んでいただきました。限られた時間の中でご尽力いただいた関係者の先生方にあらためてお礼を申し上げます。発案の要綱を以下に記します。

1)各支部からの発案(テーマ、人選など)は複数でもよいし、発案しなくてもよい。
2)各支部からの発案の選考や具体化(実施年度の決定など)は準備委員会で行う。
3)各支部からの発案と準備委員会の発案との調整やコーディネイトは準備委員会が行う。
4)機械的、強制的な支部間のローテーション制とはしない。
今後ともこのような形で臨機応変にテーマの決定や人選を行いたいと思いますので、ぜひご協力のほどお願い申し上げます。

(辻 祥子 記)

※ 昨今、京都の宿泊施設は予約が非常にとりにくくなっており、早目の手配をお勧めいたします。
 ご不明な点等ございましたら事務局までお問い合わせください。

posted by nhs-j at 12:19| Comment(0) | 本部事務局

2015年12月20日

関西支部12月例会のご案内(更新)

すでにお知らせしていますように、日本ナサニエル・ホーソーン協会関西支部研究会12月例会を以下の通り開催いたします。

 

日 時: 平成271226日(土)午後3時開会 

          (午後230分より入室可、終了午後530分予定)

 

場 所: 関西外国語大学ICCInternational Communication Center

        6212教室 (2)

    大阪府枚方市中宮東之町161

http://icc.kansaigaidai.ac.jp/

 

アクセスはhttp://www.kansaigaidai.ac.jp/access/をご覧下さい。

京阪電車「枚方」駅より、京阪バスで「関西外大」下車(約8分)

 

読書会:“Hawthorne and His Mosses”を一緒に読む

 話題提供:橋本安央(関西学院大学)

 コメンテーター:入子文子(元関西大学教授)

 

 今回は読書会形式とします。当日は共通テクストを使用します。

 ご参加の方は、使用テクストを添付ファイルでお送りしますので、下記世話人までお知らせください但し、ネット上のテクストを

 加工しているため、多々間違いがあるかもしれません。厳密にはノースウエスタン大学のメルヴィル全集 The Piazza Tales and

 Other Prose Pieces 1836-1860 に収録されているものをご参照下さい)。

 また、橋本先生が新たに訳された「ホーソーンと彼の苔」も併せて添付いたします。

 

研究会の後、ICC1階のレストラン「アマーク・ド・パラディ」で忘年会を持ちたいと思います。参加ご希望の方は、1220日(日)までに西谷 takuyan[a]kobe-u.ac.jp までお知らせ下さい。

なお、当日は大学の事務職員の方はおられません。次のような手順で会場にお入り下さい。
 
(1)26日はICCの正門(鉄格子状)は閉鎖されているのでバス通りからの建物内への出入りは不可能となる。
(2)ICCも含め、26日からは学内が一斉事務休暇となるので、事務員は誰もいない。守衛が数名いるだけのロックアウト状態。
(3)建物とガラス越しに接している「アマーク・ド・パラディ」との行き来も、正門が閉鎖されているため、本来なら建物から直行できる隣接関係にあるのだが、これが不可能となる。
(4)ICCの建物へは以下の方法でのみ出入り出来る。
   (a)まず大学正門の守衛詰め所へ立ち寄って来学者帳簿に記帳する。
   (b)そのあと、詰め所のすぐそばに架かっている歩道橋を渡り、裏側からICCに入る。
   (c)裏側から入ると小さな広場状の空間があるが、それを斜め右に横切る形で進むと、建物の入口があるので、そこから入り、階段もしくはエレベータで2階にあがり、6212教室へ。
   (d)帰路は(a)(b)(c)の逆で、歩道橋から守衛詰め所に至り、名簿にチェックを入れて退出する。
(5)懇親会場(「アマーク・ド・パラディ」)へは正門経由でバス通り沿いに数分枚方市駅方向へ戻り、レストラン正面入口から入る。
(6)案内図は特に用意されていないから外大ICCホームページに掲載されているもので確認されたい。
 
今回の参加者には、いつものように「枚方市駅」北口から京阪バス(「小松団地行き」は除く、あとはすべてOK)に乗り、「関西外大」下車、まず正門(バス停で降りればすぐ横)の守衛詰め所に立ち寄っていただければ、おそらく迷うことはないと思います。
 

 

関西支部研究会世話人 西谷拓哉 (takuyan[a]kobe-u.ac.jp)

 
posted by nhs-j at 01:11| Comment(0) | 本部事務局